Fenderのギターを買取にだすことに

僕がこれほどまでに大好きになった、Fenderのギターを買取にだすことになってしまった。
プロのギターリストを目指していままでがんばってきたのだけれど、
いよいよ諦めるときがきたようだ。

これからは、趣味でギターを続けていこうとは思っているが、
なかなか気持ちの整理がつかないでいた。
やはり、ギターを買取りに出すことで、次のステップに進むのが、僕にはいいようだ。

また、Fenderのギターを手にする日が来ることもあるかもしれないが、それまではさよならだ。

This entry was posted in 買取. Bookmark the permalink.